マイケル・ジャクソン/バッド

アメリカのブラック・ミュージックのポップ・スターであったマイケル・ジャクソンが1987年に発表したアルバムです。 マイケル・ジャクソンは、ジャクソン5のヴォーカルとして、60年代末にはすでにデビューしていました。 そういった意味で、ソウル以降のアメリカのブラック・ミュージックの歴史とともに歩んできた存在です。 この「バッド」を発表した頃になると、ジャズ/フュージョンから始まって劇音楽やポップスのアレンジなども手掛けるようになっていたクインシー・ジョーンズがアレンジや演奏を担当していて、ミュージシャンや楽曲... Read More