パンクロックの産みの親 セックスピストルズ 勝手にしやがれ

私が、セックスピストルズの音楽に初めて触れたのは中学2年生の頃でした。 初めて聞いた時の感想は正直、なんかほかの音楽やCDより完成度が低い、騒がしいガシャガシャしてるなどの印象でした。 それから一年後、自身の友人の中で当時の日本では青春パンクバンドが流行っていた事もありバンドをやろうという話になり、その時一番初めに頭に浮かんできたのは、セックスピストルズのアナーキーインザUKでした。 気になりだすと止まらなく、もお一度聞くのは当たり前ですが、調べものが好きだった私は、当時のイギリスの時代背景やバンドの結成... Read More