ジャズ・アット・マッセイ・ホール

1953年に、超がつくほどのジャズの大物ミュージシャン5人が集まって行われたライブ・セッションです。 昔はムードミュージックかエンターテイメントのような音楽だったジャズは、チャーリー・パーカーやディジー・ガレスピーという驚異的な速さでアドリブ演奏を行うプレイヤーが作ったビバップという音楽の登場とともに、モダン・ジャズという時代に入ります。 このライブに参加している5人は、そのビバップでスターだったミュージシャンたちで、この中のひとりでも参加していればホールを埋め尽くすことが出来るほどのビッグネーム揃いです... Read More